TAKE HAT by MARCY

ベースボールキャップやニットキャップ、さらにはハンチング、キャスケットなど様々なヘッドウェアーのスタイルがある中やはり著しく人気の高いアイテムとなる”ハット”。

あらゆる年齢層をカバーし、その着用度の広さはさらに広がりを見せています。

本日はその”ハット”をスタッフMARCY自らピックアップしスタイルと共に魅力をお届けします。

着こなしやそれぞれのイメージがつかめていただければ幸いです。

EK by NEW ERAの中でも一番支持の熱いBIDWELLを最初にピックアップ。

MARCY本人も今モデルは程よいやわらかさと、ウール独特の暖かい素材感がお気に入りとの事。

見た目にもどこかゆるく心地よさを見て取れますね。

極シンプルな分本当に使い勝手の良いアイテムです。

EK by NEW ERA “BIDWELL”

そして前出のBIDWELLとは対照的にかっちりとした印象、硬めでしっかりと形をキープするTHE BOWLERもおすすめ。

どこかクラシカルな表情をスタイルに落とし込み、丸みのあるフォルムがコーディネートもやさしい気分に仕上げてくれます。

ここで特徴的な太く存在感たっぷりのリボンは見逃せません。

ぜひとも新たにトライしていただきたいBIDWELL同様お薦めのアイテム。

EK by NEW ERA “THE BOWLER”

上質なデザイン性、こだわりの素材。一歩上を行くスタイルを完成させながらちょっとした遊び心を忘れない作品作りが魅力を放ち続けるMIGHTY SHINEのウールハット。

ヴィンテージライクな深い表情を保ちながらかっちりとスタイリッシュにまとまる完成度の高さがお気に入りとの事です。

ご覧のとおり他のハットなどと比べても、より引き締まった印象を受けスマートな空気をまとっています。

フォーマルなコーディネートにもすんなりと溶け込む使い勝手の広さも最高です。

MIGHTY SHINE “WOOL CLASSIC HAT”

NYで誕生し、以来30年以上の歴史を持つハットブランドのNEW YORK HATから最も定番となり、最初に手に取るにふさわしい”REXY”。

伝統的な中折れハットのデザインとなり、アクがなく極々シンプルな王道を落とし込んだ作品。

これは絶対的な人気を保っており、スタッフたちも強い自信を持ったアイテム。

キャンバス地のしっかりと男臭い雰囲気がとても良いとの事です。

被り心地も絶妙なフィット感となり、キャンバス地のカチカチとした感覚は一切感じさせない職人技ともいうべきシルエットづくりが人気の秘訣かと。

NEW YORK HAT ”REXY”

 

現在CAP COLLECTORではここではご紹介しきれないほど様々なスタイルをご用意しております。

中でもやはり人気はEK by NEW ERAでしょうか。

伝統的な製法で確実なモノづくりは個人的にも最高だと考えます。

是非店頭へお越しの際には実際に手に取りお楽しみください。

GO TO SHOP HAT


COMME des FUCKDOWN

もはや言うまでもないといいたいほど2012年のストリートシーンの中心、そして他を圧倒するほどクールな存在感を発揮するTHE CUT by SSURが送り出したCOMME des FUCKDOWN。

ユーモアたっぷりに某ブランドネームをサンプリングし大胆にも世にはなったこの完成の高さは決して変わらぬ最高の魅力。

本日はキャップやニットキャップに続くストリートのマストアイテムコーチジャケットが到着しました。

軽く羽織るにピッタリで、インナーに様々なものを仕込める幅広い用途に惹かれる一着。

フロントに小さく、バックへ大ぶりに落とし込まれたロゴが最高にかっこいい一着です。

加えて入荷の度すぐ完売となるニットワッチキャップも若干のストックが。

こちらこそお急ぎください。

GO TO SHOP COMME des FUCKDOWN